MARINETOPIA
THE SUITE

予約

松葉ガニと越前ガニの違い、値段や旬は?自分好みの食べ方を選べるカニ料理プランをご紹介!

メインイメージ

冬季に旬を迎えるカニ。寒さが厳しいほど身が美味しくなると言われています。カニの最高級ブランドといえば「松葉ガニ」や「越前ガニ」がよく知られていますが、この二つのカニの違いをご存じでしょうか?
カニ料理をご賞味いただきながらカニ談議に花を咲かせていただけるよう、松葉ガニの値段や旬、越前ガニとの違いについて解説いたします。また自分の好みで食べ方を選べるカニ料理プランもご紹介しますので、冬のご旅行をご検討される際のご参考にお役立てください。

松葉ガニ・越前ガニ・間人ガニの違いとは

「松葉ガニ」は山陰地方の京都府から島根県の漁港で、「越前ガニ」は福井県の漁港で水揚げされたズワイガニのことを指します。このズワイガニの呼び名が漁港ごとに違うことをご存じでしょうか?
実は松葉ガニ・越前ガニ・間人ガニなどは、名前が違えどもどれも同じズワイガニで、水揚げされる漁港が違うというだけなのです。
漁港ごとにブランド化をはかるため、地方によってズワイガニには次のような名前がつけられています。



石川県:加納ガニ
福井県:越前ガニ
京都府:間人ガニ・舞鶴かに
兵庫県:柴山ガニ・津居山ガニ・香住ガニ・浜坂ガニ
鳥取県、島根県:松葉ガニ



またズワイガニが雄か雌かによっても違う名前がつけられ、雌のズワイガニはメガニ・セコガニ・セイコガニ・コウバコガニなどと呼ばれています。


カニの最高級ブランド「松葉ガニ」と「越前ガニ」の特徴と違い

前述したとおり、同じズワイガニでも水揚げされる漁港によってカニの名前が異なります。しかし不思議なもので、同じズワイガニでも水揚げされた漁港によって味が違うのです。ここでは松葉ガニや越前ガニの各ブランドタグの色や、それぞれの特徴についてご紹介します。

【松葉ガニ】
松葉ガニとは、山陰地方(兵庫県北部・京都府北部・鳥取県・島根県)で水揚げされたズワイガニのことを指します。さらに松葉ガニのなかでも地方ごとでブランド分けされています。



・間人ガニ
「幻のカニ」と呼ばれる間人(たいざ)ガニは、丹後半島の間人漁港で水揚げされる松葉ガニのことです。
幻と言われる理由は、間人漁港が日本で一番カニの漁場に近い漁港であり、鮮度の高いカニが手に入るにもかかわらず、わずか5隻の小型船のみで漁が行われるためです。刺身にするとより鮮度の良さが味わえます。
ほとんど市場に出回らないので、運がよければ出会えるかもしれません。山陰地方でカニを購入する際は、ぜひ幻の緑色タグのカニを探してみてください。



・津居山ガニ
青色タグが目印の津居山(ついやま)ガニは、兵庫県北部の津居山漁港で水揚げされた松葉ガニです。
漁場は間人ガニと同じ丹後半島沖ですが、水揚げ量が比較的安定しています。漁港からカニ漁場への距離が比較的近いことから、間人ガニに負けず劣らず鮮度の良いカニが水揚げされます。間人ガニと並ぶ高級ブランドガニです。



・柴山ガニ
兵庫県城崎郡香住町の柴山漁港で水揚げされる松葉ガニのことを「柴山(しばやま)ガニ」と呼びます。
水揚げされた柴山ガニは、紫外線殺菌した新鮮な海水が入った水槽で一時保存され、より鮮度の高い状態で競りにだされます。
柴山ガニは、世界一といっても過言ではないほど厳しい選別基準が設けられており、選別クラスはなんと110ランク。そんな厳しい基準を満たしたカニだけが「柴山ガニ」の目印であるピンク色のタグをつけられます。



【越前ガニ】
福井県の漁港で水揚げされる雄のズワイガニのことを「越前ガニ」と呼びます。越前ガニという名称は安土桃山時代にはすでに存在しており、日本で最も古くからカニ漁が行われてきた品種です。
越前ガニは黄色の『GI』マークのタグが目印。同じ黄色タグでも甲羅幅14.5cm以上重さ1.5kg以上・爪の幅3cm以上のサイズのみに与えられる『極』タグや、「せいこがに」と呼ばれる雌のズワイガニ用のタグなどに分けられます。
大きく立派な甲羅や爪、長い手足が特徴的で、甘く食べ応えがある身や濃厚なカニ味噌を存分に楽しめます。



松葉ガニや越前ガニの値段相場

松葉ガニの値段相場は1万5000円~3万円。越前ガニの値段相場は1杯2万円程です。ノーブランドのズワイガニの相場が6千円程度なので、3~5倍の値段がつきます。
過去最高額は、越前ガニが2017年の初競りで1杯46万円。松葉ガニは今年2021年の初競りで、なんと1杯222万円の高値がつきました。



松葉ガニや越前ガニは12月~2月に旬を迎える

松葉ガニや越前ガニが生息するのは、海の水深200~600mあたり。水温0~4℃を好み、寒ければ寒いほど身は引き締まるため甘みが増します。
どちらのカニも、漁期は11月上旬から3月下旬です。漁期が終盤を迎えると、カニが脱皮して水分を多く含む「水ガニ」と呼ばれる状態になります。そのため松葉ガニや越前ガニが美味しく食べられる旬は12月~2月とされています。



タグ付きブランド地ガニが味わえるカニ料理プラン「カニマルシェプラン」

今年は11月6日にカニ漁が解禁しました!京都・天橋立にある1棟貸リゾートヴィラ「マリントピア・ザ・スイート」でも、カニ料理プランをご用意しています。
津居山・香住・柴山・浜坂など、丹後周辺の有名漁港で水揚げされるタグ付きブランド地ガニが味わえる「カニマルシェプラン」。
毎年冬季限定で楽しめるこちらのプランは、マリントピアリゾートの宿泊施設中で一番人気のプランとなっております。



「カニマルシェプラン」の大きな特徴は、自分でカニ料理の食べ方と分量を調節できること。よくある旅館のカニ料理プランの場合、料理コースが決まっているので、残念ながら「もっとカニ刺しが食べたかったのに…」「カニしゃぶより焼きガニを多めにしたい」といった希望が通らないことがあります。
カニマルシェプランなら、食べやすく捌いた状態でカニをご提供いたします。「カニ刺し」「カニしゃぶ」「焼きガニ」「カニすき」などお好みの料理を欲しい分量お楽しみいただけます。

<カニマルシェプラン・夕食内容例>
・カニ刺し
・焼きガニ
・カニしゃぶ
・カニ鍋
・カニ雑炊
・鍋野菜
・その他

メニューはその日の仕入れ等により、予告なく変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。追加食材やお飲み物はお持ち込みいただけます。



「カニ刺し」「カニしゃぶ」「焼きガニ」どの食べ方がおすすめ?

タグ付きの松葉ガニはどんな食べ方でも美味しくお召し上がりいただけますが、調理方法によって味に変化が生まれます。調理方法による味の特徴や食べ方のポイントについてご紹介しますので、ぜひお試しください。


『カニ刺し』は獲れたて新鮮なズワイガニでしか味わえません。そういった意味では一番贅沢な食べ方だといえます。カニ本来の旨味を味わいたい!という方はカニ刺しがおすすめです。
カニ刺しは鮮度が命ですので、カニを食べる時は最初に味わいましょう。まずはお醤油を少しつけてお召し上がりください。カニ味噌に絡めて食べると濃厚な味噌のコクでまた別の味わいを楽しめます。



「カニしゃぶ」や「カニすき」などの鍋料理は、寒い冬に欠かせません。カニは茹でることで甘みが増し、だしの旨味と絡んで美味しさが倍増します。カニのエキスと新鮮な冬野菜の甘みが溶け合った〆のカニ雑炊もたまりません。
カニしゃぶは、だしで約10秒しゃぶしゃぶするだけの半レアで、かにすきは、身がふっくらしてきたら食べごろです。



「焼きガニ」は、香ばしい風味やカニの濃いエキスを楽しめます。お酒と一緒にカニを楽しみたい方におすすめです。
焼きすぎるとみずみずしさが失われ、身がかたくなります。身の表面が膨らんできたら食べ頃のサインですのでお見逃しなく!



好きなカニが選べる「カニマルシェ」とは

「カニマルシェプラン」のもう一つの特徴は、自分でカニが選べること。一般的なカニの料理コースは店側が選んだカニが出されることがほとんどですが、カニマルシェプランでは、なんとお客様ご自身が、食べたいカニをお選びいただけるのです。


マリントピア・ザ・スイートから車で約5分の距離にある瑠璃浜アクティビティセンター内の「カニマルシェ」で、漁港から直送された新鮮なタグ付きのブランドガニが購入できます。卸売会社や小売店などを通さず市場価格よりも3~4割程度安い価格でご提供。品質はお墨付きです。


夕食がカニ1杯では満足できない!という方は追加購入するもよし。お土産やプレゼントとして持ち帰るもよし。様々な種類を選んで、食べ比べしてみるのもおすすめですよ。お客様の目利きで選んだ新鮮なカニをお楽しみください。もちろん、追加購入いただいたカニも、夕食時に捌いてご提供いたします。


「カニマルシェ」で美味しいカニを見分けるポイントは?

タグ付きのブランドガニは既に厳しい基準をクリアしているので、どのカニを選んでもハズレにあたることはまずありません。でも、自分で選ぶならより美味しいカニを選びたいですよね。
美味しいカニを見分けるポイントは、カニの甲羅についている黒いつぶつぶ。あの黒いつぶつぶ(カニビルの卵)が多ければ多いほど、脱皮して月日が経ち、身がつまっている証拠です。カニを選ぶ際は黒いつぶつぶが多いものを選んでくださいね。



カニ料理と温泉を楽しむなら『マリントピア・ザ・スイート』へ

『マリントピア・ザ・スイート』は、京都・天橋立の高台に位置する1棟貸切のスイートヴィラです。
ヴィラの敷地面積は超広大な685~1604㎡、全室スイートルームとなっており、ラグジュアリーな非日常空間を演出。「デラックススイートタイプ」「スイートタイプ」「スタンダードタイプ」「ヒルトップ」の4タイプのヴィラがありますので、用途に合わせてご利用ください。小さなお子様やペットと一緒でも人目を気にせず、のんびりと自由にお過ごしいただけます。



またマリントピア・ザ・スイートでは全室温泉を完備。「デラックススイート」「スイート」「スタンダード」のお部屋にある「銀温泉」は、メタケイ酸を多く含み、別名「美肌の湯」とも呼ばれています。「ヒルトップ」のお部屋にある「金温泉」は鉄分を多く含み、血行促進・保湿効果の高い赤湯です。24時間お好きなタイミングで天然温泉にておくつろぎください。


冬季限定で日本の伝統文化「囲炉裏」をご用意しております。ご家族・ご友人と温かい囲炉裏を囲いながら、宮津の冬景色とともに美味しい地カニ料理をお楽しみください。
※但し、「ヒルトップ」に囲炉裏はございません。

松葉ガニや越前ガニの旬や値段、それぞれの特徴と違い、おすすめのカニ料理プラン「カニマルシェプラン」についてご紹介しました。
冬はカニが恋しくなる季節。ぜひ「マリントピア・ザ・スイート」でご家族やご友人と地ガニ料理や温かい温泉をご堪能ください。



期間
通年

※掲載写真はイメージです

ピックアップ一覧

OUR GROUP姉妹施設

ResortGlamping.comリゾートグランピングドットコム掲載施設

全61棟のヴィラ会員制リゾート

詳しくはコチラ

お問合せInquiries

050-3161-4574
Web予約はコチラ


Web予約


アクセス


Q&A


グループ


リゾグラ